脱社畜&イクメンプロジェクト隊長のやまぴーです。



今日は子供への読み聞かせについて
子供への読み聞かせは正直めんどい!
子供は集中力がないし、すぐ飽きてしまう。
だから子供の興味のある本を中心に読んであげてください。



読んでほしい本はあると思いますが
子供が集中できないのは好きでないか興味がないから。
まずは興味のあるものから読んであげましょう。 



どうせ読み聞かせをするなら効果があった方がいいと思いませんか!?
思いますよね~!!
脳の働きから導き出すもっとも効果的な読み聞かせ方法は?







それはズバリ!!
右耳から読み聞かせをする事 



ここでピンと来る方も居ると思います!
そう!たぶんそれであっています^^



脳というのは左右に分かれています。
一般的に言われているのは左脳は理屈的な事、右脳は感覚的な事に使うと言われている。
それは多くの人は左脳に言語野がある方が多いことからそう言われる。
※右脳に言語中枢があるかたも居るようなので、その場合は逆ということになりますね。 



脳の働きは体の外にある組織とは逆を司ると言われています。
右利きの方は左脳を使い、左利きのひとは左脳を使う。
右目は左脳に繋がっており、左目は右脳と
確かこれは理科でならいましたね!



つまり

左脳に言語野がある為、右耳から読み聞かせをすることで
左脳が反応して、言語の発達が促されるという事です。




どうせ読み聞かせするなら効果の上がる言語野がある左脳へ
アプローチする方が脳はすんなり受け入れてくれる気がしますよね^^



今日は効果的な読み聞かせについてでした。
最後まで読んでいただきありがとうございました。