つい先日ミスチルの新しいツアーが
発表になった。
ツアータイトルは

 
ヒカリノアトリエツアー

Mr.childrenオフィシャルサイトより抜粋

Mr.children Hall Tour 2017
ヒカリノアトリエ


タイトル見ただけでげっそりした方も
居るだろう…( ̄◇ ̄;)


何故か?!


ホールツアーの競争率は半端ないからだ
ミスチルは2007年のHOMEツアー頃から
ファンクラブでも取れないことは有名


そもそもアリーナツアーやドームツアー
ですらファンクラブでも落選するのに


前回ツアーの
Mr.children Hall Tour 2016 虹
は全国でも今まで行かなかった都市を
中心にツアーを回ったため


東京、大阪、横浜、名古屋、福岡、など
大都市と呼ばれるところに住んでいる
方で行けた人はかなり少ないのでは
ないだろうか?


それなのになぜ
ミスチルはホールツアーを行うのか?!


それは…


僕が思うに彼ら自身が楽しい事を
やりたいからだと思われる。


前回ツアーでは岐阜のライブでは
ギターの田原さんの提案でライブを
座って聞くというミスチルのライブ
らしからぬ事も行ったようである。


その他にもセットリストと言われる
演奏リストの変更が駆け出しの頃の
アーティストのように変えて行った
と聞いている。


大物と言われるアーティストが
ツアー中に楽曲を変えることは珍しい
それはたぶん運営側のリスクヘッジから
変えないのであろう。


わたしが行ったライブではあの曲
やんなかった!ズルいとならないように
そうしている部分と


各ツアーにはコンセプトがあるため
一連の流れに合わないような曲を入れて
しまうとツアーとしてのバランスが
崩れる事も嫌がっての事だろう
(小◯さんが笑)


ただ今のミスチルはそのしがらみから
解放され、ただ自由に楽しんでいると
思われる。


それを感じたのが、
前々回の
Mr.children Stadium Tour 2015 未完や
その前の
Mr.children TOUR 2015 REFLECTION
からである


ミスチルはその時期にエンジンという
会社を立ち上げ、セルフプロデュースを
始めた。


つまり何をやるのにも自由であり
小〇さんの影響を受けないw


そこでまず自分が感じたのは未発表曲を主とする

Mr.children TOUR 2015 REFLECTION

これは今までの前提を覆すようなツアーだった
なぜならツアーのセットリストはほぼ未発表曲で
しめていたから。


これには賛否両論あるが、
賛成の意見にはワクワクしながらツアーに参加出来た
否定の意見には初めての曲にはうまく乗れない
こんな意見が出てたようだが、
これは斬新な試みで好きな事やってんな~って思いましたw 


次の
Mr.children Stadium Tour 2015 未完では
今まで封印していた特殊効果(特効)を2度も発動するなど
お客さんを楽しませるためにはどんなことがあれば
いいのかと考えてくれているようだった。
ここんとこツアーでの特効がなかったので参加者としては
めちゃめちゃテンションあがった


またこれらのツアーのグッズもよく出来ていた。
アルバムのタイトルをコピペしたようなTシャツなどなく
どれかおうかな~って思わせてくれるワクワクするような
グッズが多かったように感じる。 


ミスチルのREFLECTIONに入っている
「足跡」や「Starting Over」を代表とするこれから自分たちは
変わっていくんだぞっていう意気込みのようなものを
感じることが出来た!


セルフプデュースを始めた彼らはこれからも
まだまだ面白いことをしてくれるのではないだろうか

「 I ♥ CD shops! 」プロジェクト
 
これもまた彼らというか桜井さんのしたい事なんだろうな
確か数年前に伊集院光さんとの対談で楽曲のダウンロードの
話題になった時にCDショップでCDを手に取った時にワクワク感を
忘れないで欲しいと言っていた。


これからはライブはホールがメインになるかもしれないから
なかなかチケットも取れなくなるかもしれないが
僕はミスチルを全力で応援していきます!!







肝心の今回のツアーの

チケットはどうだったって??

な・な・なんと!!!! 


名古屋国際会議場(通称センチュリーホール)
チケットとれちゃいました♪



なかなか周りに当たっている情報がない
君たちの骨は僕が拾ってこようw


今回はどんなツアーになることやら!?
それを楽しみに3月まで頑張ります♪